ゴルフがうまくなる為に絶対必要な準備|でららくごるふ

突然ですが…

下の画像をご覧ください。

でららくごるふ|牧寛之まきひろゆきゴルフブログ

左右どちらの方がゴルフがうまく見えますか?

ちなみに左右の画像ともに同一のお客様です。

ほとんどの方が「右の方がうまく見える」と感じるはずです。

なぜうまく見えるのか?

それは、構えた時に「歪み」が少ないからです。

構えの「歪み」が上達の妨げに

もう一度、下の画像をご覧ください。

でららくごるふ|牧寛之まきひろゆきゴルフブログ

分かりやすくする為に背骨、両肩、骨盤、両腕に線を挿入してみました。

線が挿入してあると、どちらの方が「歪み」が少ないか一目瞭然です。

ゴルフクラブを握る時、右手が下になります。

それにより右肩が下がり、背骨が傾きます。

右の画像は正しく傾けています。

左の画像はどうでしょう?

右肩は下がっていますが、背骨は垂直です。

顕著に「歪み」を現れています。

構えの「歪み」はスイングの「歪み」に直結します。

左の画像の様な構えをしていると、スイングが綺麗になることはないです。

加えて上達速度が遅くなってしまいます。

最悪の場合、怪我をしてしまいます。

「歪み」を少なくするコツは「骨盤」

「歪み」を少なくするコツは「骨盤」にあります。

骨盤をどうすれば良いか…その先は秘密です(笑)

ぜひ、弊社ゴルフレッスンで「歪み」を少なくし、最短・最速で上達する準備をしましょう!!

牧 寛之 まき ひろゆき

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です